​念ずれば、叶う。

​箱根駅伝優勝に留まることなく、挑戦は続く。

​原晋

ご挨拶

カジュアル①.jpg

スポーツもビジネスも人材育成も、KKD『勘と経験と度胸』に頼るのはもうやめにしましょう。科学的な根拠に元づいた理論があるはずです。

青山学院大学駅伝部監督の原晋です。長年に渡り選手を指導する中で、中長距離走の専門性に加え、若者たちの成長を促す術を学び、考え、実践してきました。今後は、これまで身につけたスキルを世の中に発信していきたいと考えております。

​経歴

1967年3月8日、広島・三原市生まれ。

世羅高3年時に全国高校駅伝4区出走2位。

中京大3年の日本インカレ5000メートル3位。

1989年に中国電力陸上部に1期生として入部。

主将として1993年の全日本実業団駅伝初出場。

1995年に現役を引退。

その後は10年間、中国電力でサラリーマン生活を送る。

知人の紹介により、2004年に青山学院大学駅伝部監督に就任。

2009年に33年ぶりの箱根駅伝出場を果たす。

2015年には青学史上初となる箱根駅伝総合優勝を達成。

2017年箱根駅伝3連覇に加え、大学3大駅伝である出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝の優勝により、大学駅伝3冠を達成。

2018年には史上6校目となる箱根駅伝4連覇を達成。

これまでの陸上界の常識を打ち破り、新たな手法によって日本学生長距離会の発展に寄与している。

2019年4月より青山学院大学の地球社会共生学部の教授を務める。

​2022年箱根駅伝2年ぶり6回目の優勝を達成。

​講演会テーマ

2022-01-03__I7A3630.JPG

​講演会のご依頼はこちら

講演会のご依頼に際して、注意事項・準備物・キャンセル料などについて、以下のページよりご確認頂けます。ご依頼前に予めご確認頂けますよう宜しくお願いします。