7月9日第6回絆記録挑戦会組トップ選手コメント

7月9日17:30より、第6回絆記録挑戦会を開催いたしました。暑い日が続いておりましたが、大会当日は少し気温も下がり、7月としては良いグラウンドコンディションで大会を開催することができました。


今回の組トップ選手のコメントをまとめましたので、是非ご一読ください!


次回は9月24日(土)に開催を予定しております。皆様のご参加心より、お待ちしております。



【アスリートキャリアセンター認定の部】

吉田 実篤(写真右側)

記録:4:44.59


『トラックでの1500ⅿは、あっという間でびっくりしました。また記録が伸ばせるように頑張りたいと思います!ありがとうございました。』



【1組】

松下 稜(三好市陸協)

記録:14:48.12


『今年は1500mをメインにしており、5000mを走って、1500mの余裕度を出していきたいと考えていました。良いペースで走ることができ、思った以上に良い結果を残すことができました。』



【2組】 

近藤 幸太郎(青山学院大学/4年)

記録:14:35.17


『故障して走れたと思ったらまた故障して、もどかしい日々が続いていましたが今日スタートラインに立てた事が素直に嬉しいです。ここから夏合宿に向けて頑張りたいです。』



【3組】コラントッテ杯 (優勝景品:レッグウォーマー)

小山 優輝(東京経済大学/2年)

記録:14:35.50


『練習の一環で出たレースでうまくまとめられたので、夏合宿に向けて準備していきたいです。』




【4組】 ライズTOKYO杯 (優勝景品:モバイルマパッド)

織橋 巧 (中京高等学校/3年)

記録:14:10.89


『長らくベストが出ていなかったので、なんとか今回ベストを出そうと意気込んできました。今回いい感じに後半上がってくることが出来たので、インターハイに繋がる良い走りになったのではないかと思います!』



【5組】 妙高市杯 (優勝景品:お肉)

太田 蒼生(青山学院大学/2年)

記録:13:59.85


『前期シーズン最後のレースをある程度まとめられたので、夏合宿を故障なく乗り切って秋以降の駅伝につなげていきたいです。タイムには満足できないですが、トップで終われたのはプラスになりました。故障や貧血にならないためには食事が大事になってくるので、今回妙高市から頂いたお肉を食べて夏を乗り越えていきます!応援ありがとうございました。』