第5回絆ランニング倶楽部合同練習会振り返り

皆様からのご支援もあり、絆ランニング倶楽部と青学陸上部の合同練習会も5回目を迎えることができました。今回は20名以上の方にご参加いただき、非常ににぎやかな練習会となりました。第5回絆ランニング倶楽部合同練習会は「青トレ講習会(ストレッチ)」と「ランニング」の二部構成で行われました。



【講習会】

 身体の仕組みやストレッチ方法、そして効果のある部位を理解することによって効果的なトレーニングを行うために講習会を実施しています。代表理事である原が青山学院大学の長距離の選手たちにも実践している、理論に基づいてトレーニングを行い、それを全員の共通認識とするということを絆練習会でも大切にしております。

 皆さんは普段、なぜこのトレーニングやストレッチをしているのか、どの部位に効果があるのかを考えて行なっていますか? 意外と「よくわからないけれど言われたから」「何となく効きそうだから」と曖昧になってしまっている方も多いと思います。しかし、やるからには効果的なトレーニングをできたら嬉しいですよね? そこでACCの練習会では、青学陸上部の伊藤コーチと選手を講師として迎え入れ、青学陸上部が実践している青トレの講習会を行っています! 普段気になっていることがあるけれど周りに聞ける人がいない、そんな方がいらっしゃいましたらこの機会に是非、伊藤コーチやお近くの選手に尋ねてみてください!色々な「初めて知った。」「なるほど!」が見つかるかもしれません。



 練習前には先程の理論をもとに、選手が実際に行っている青トレの準備体操を行います。

ここでは青学陸上部の選手にやり方を教えてもらいながら3~4人で1グループになり一緒に青トレを行います。終始、参加者の皆さんとコミュニケーションを取りながら和気あいあいとした雰囲気で行われました。なかなか聞ける機会がないので皆さん興味津々にされていました。青トレでは、普段使わないような筋肉を動かす場面もあり、最初は慣れない参加者の方も多かったように感じられましたが、回数を重ねていくうちにスムーズに行える方が増えていきました。選手としても教えることによって青トレの再確認となることや、きちんと理解できていない部分を発見することができ、お互いにとって良い学の場であると感じています!


練習会参加後、始めから全ての準備体操を行うことは少し大変だと思うので「これだけは毎回やろう!」と決めて段々と種類を増やしていく事も一つの方法だと思います。また次回お会いした際に、皆さんの青トレ状況などをお聞かせいただけましたら、選手たちも今後の励みになると思います。




【練習】

実際に競技をされている高校生からシニア世代の一般市民ランナーの方や普段陸上をされていない女性の方など様々な方に参加していただいております。また、見学のみのご参加も可能となっております。走るだけが陸上を楽しむ方法だけではなく、見学もできるという一人一人に合わせた楽しみ方ができるのが、この絆練習会ならではです。


練習メニューは、各自の実力や体調に応じて距離やペースを選んでいただけます。 第5回練習会では

A:3'30/kmでの21km走 B:2.8km×3や1.4km×3を3'30/kmで集団走 C:6'00/kmや8'00/kmのペースを目安に3〜10km程度のJog D:練習見学

の4つのグループで練習を行いました。 それぞれに引率のスタッフが付いて一緒に走り、どのグループも充実した表情で練習に取り組んでいただいていました。